【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(180分のセミナー映像付き)

有機栽培の玄米

有機栽培の玄米もスローフードブームの後押しなどから非常に種類も増えて私たち消費者の選択の幅もうんと広がりました。
周知のことかもしれませんが有機栽培であると農林水産省登録認定機関に認定された玄米が有機栽培の玄米となります。
普通のお米よりも非常に手間がかかり生産量も低いため有機栽培の玄米は割高なわけですがおいしいお米でありかつ安心で体にもいいとなればそれほど割高感はないのではないでしょうか。むしろ後々病気になって病院にお世話になる際の治療費を考えれば健康維持費、病気予防費として考えれば安い出費なのではないでしょうか。
有機栽培の玄米なら普通の栽培米とは違って除草剤や農薬が糠や胚芽に残る心配もありませんし安心です。
栽培に非常に手間のかかる有機栽培の玄米を販売する事業者も登録認定機関による認定が義務付けられているのです。苦労に苦労を重ねて有機栽培農家が栽培したお米が他のお米と混ざるのを防止するのが主な理由です。
農作物のなかでも化学肥料や農薬を一切使用せず栽培したものを有機農作物というのはもうご存知ですよね。
ちなみに特別栽培農作物といったものもありまして、これは化学肥料や農薬の使用を50%以下に減らして栽培した農作物のことをこう呼んでいます。
おいしいお米を無農薬で作るためにはクモやドジョウ、カエル、合鴨、ミミズなどの生き物が生息できる昔ながらの環境の田んぼに戻さなくてはなりません。
有機栽培農家は遺伝子組み換え技術を使用できませんし、最初に収穫してから2年以上の間はたい肥などで土作りをして化学肥料などはもちろん使用できません。厳しい罰則もありますし、そのなかで有機栽培を続けていくのですから並大抵の苦労ではありません。
私たち消費者も有機栽培の玄米に限らず有機栽培の農作物の価格ばかりに気をとられていては本質を見失うことになります。
原因あっての結果です。有機栽培物の割高な値段にはそれだけの価値があるのです。

posted by 有機栽培とは at 21:00 | 有機栽培 玄米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(180分のセミナー映像付き)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。