【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(180分のセミナー映像付き)

有機栽培の野菜

有機栽培の野菜も最近ではよくスーパーに陳列されるようになってきました。普通の野菜より高いわけですがよく売れています。
その理由はおそらく有機栽培の野菜はおいしくてしかも安全だからでしょうが果たして有機栽培の野菜すべてがそうなのでしょうか。
ミネソタ大学のある調査レポートですが有機栽培の農作物の大腸菌群汚染率がなんと通常栽培の農作物の約6倍だったという実に興味深い結果が出ています。ただしこの調査結果も海外のものですからそのまま国内流通の有機栽培の農作物にはあてはまらないでしょう。それに発酵不十分なたい肥がこの調査結果の原因だともいわれています。
ただ他にも日本のある雑誌が行った味比べ企画で通常栽培の農作物の方が有機栽培の農作物よりもがおいしいという結果がでていますので一概に有機栽培の農作物の方が通常栽培の農作物よりおいしいとも断言できません。
それに農作物の味は新鮮さや育てられた環境、農作物の品種などの要素の方が有機栽培かどうかという点よりはるかに影響力を持っています。
それから有機栽培認定である有機JAS認定についてですがこの認定を受けるにはかなりの手間とコストがかかります。
そのため長年おいしくて安全な消費者に支持され信頼されるような農作物を作り続けている農家は有機JASマーク表示にこだわらないようです。
有機JAS認定には手間やコストがかかりますからその分の負担費用を農作物の販売価格に上乗せする必要も出てきますからね。
つまり有機栽培以外の栽培法で作られた農作物はすべて安全面もおいしさも有機栽培の農作物より劣っていると決めつけることはできないのです。

posted by 有機栽培とは at 21:00 | 有機栽培 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(180分のセミナー映像付き)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。