【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(180分のセミナー映像付き)

有機栽培と肥料

有機栽培と肥料の関係についてですがその前によく誤解されていることなのですが有機栽培とは農薬を全く使用しない農法のことではありません。使用条件を守る必要はありますが天敵等生物農薬性フェロモン剤や混合生薬抽出物液剤、共力剤としてピペロニルブトキサイドを含まない除草菊乳剤及びピレトリン乳剤、クロレラ抽出物液剤やシイタケ菌糸体抽出物液剤、菜種油乳剤などの使用は有機JAS規定に定められた農薬使用量であれば有機栽培でも問題なく使用することができます。この点は誤解のないようにしっかり認識しておきましょう。
さて有機栽培において使用可能な肥料及び土壌改良資材についてですが食品工場などの副産物として作られるものや家きん・家畜の排泄物を乾燥・発酵させて作られるもの、有機JAS規定にある天然塩化加里や熔りん、植物そのものや収穫後の残骸から作られるものなど実に多種多様です。
有機肥料も動物性のものと植物性のものに分けられます。
まず動物性有機肥料としてはエビやカニの殻から作る甲殻類質肥料粉末、鮫や豚、牛の骨を原料にした骨粉、魚の鱗から作る蒸製魚鱗、魚の粕、家きん・家畜の鶏、豚、牛の糞などでしょうか。
植物性有機肥料なら菜種油粕、ごま油粕、米ぬかや大豆油粕の油粕が代表的なものとなります。
ちなみに科学的処理をしていない天然物質に由来するものもしくは天然物質である泥炭や木炭、パーライト、ベントナイト、ゼオライト、藻を乾燥させたものやその粉末、卵の殻などの蓄積物であるグアノ、海鳥の死骸や糞なども有機肥料に分類されます。

posted by 有機栽培とは at 23:56 | 有機栽培 肥料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(180分のセミナー映像付き)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。