【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(180分のセミナー映像付き)

有機栽培で家庭菜園

有機栽培で家庭菜園をしている人なら有機肥料を自分で作っている人も多いのではないでしょうか。
まだ自分で有機肥料を作った事のない方のために簡単でありますが有機肥料の作り方をご紹介しましょう。
まずゴミバケツを用意しましょう。どんなゴミバケツでもいいかというとそうではありません。蓋付きのゴミバケツを用意しましょう。
同時に二個作っておけばより効率的に有機肥料が作れますのでできれば二個用意しておきましょう。
それからゴミバケツの側面にいくつか適当に穴を開けます。そして底を切り抜きます。
次はそのゴミバケツを埋める穴を掘ります。なるべく隣の家から離れた日陰になる場所にしましょう。そこに準備しておいたゴミバケツを埋めます。
それから野菜クズや米ぬか、魚や肉や豆といった生ゴミと腐葉土がベストなのですが用意できなければ消毒剤や殺虫剤が使用されていない乾燥土をゴミバケツの中に同量になるように投入してよくかき混ぜます。それから蓋をして一ヶ月待ちます。
この際の注意点としては生ゴミの水気はよく切ること。そうしないと虫が湧く可能性があります。防虫剤を蓋の内側に設置するのも効果的な方法です。あと猫や野犬、鳥などに荒らされることのないようしっかりとゴミバケツの蓋は閉めましょう。
酵素剤や乾いた土を追加投入することでニオイ防止となりますのでにおいが気になったらやってみてください。
一ヶ月後穴の中からバケツを引き抜き土をたっぷりとかけてさらに熟成させます。その際発酵温度を65〜75℃に上げることにより病原菌や大腸菌を死滅させておきます。そして切り返しを一週間に一回行い、二、三ヶ月熟成させたら有機肥料は完成です。
この方法でも有機肥料は作れるのですがちょっと面倒ですよね。もっと簡単にたい肥を作る方法はあります。ニオイの心配もなく近所迷惑にもならない方法です。
それは生ゴミ処理機を使っての有機肥料作りです。
助成金がでる自治体もありますので生ゴミ処理機を買って堆肥を作る前に調べておきましょう。少しでも初期投資費用は節約したいですからね。
堆肥を作れる生ゴミ処理機や市販のコンポストを使えば有機肥料が家庭で簡単に作れますしゴミ減りますしまさに一石二鳥です。それになんといってもより健康にいい食物が栽培できることになりますからね。

posted by 有機栽培とは at 21:00 | 有機栽培 家庭菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(180分のセミナー映像付き)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。