【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(180分のセミナー映像付き)

UCCと有機栽培

UCCの有機栽培シリーズを愛用、愛飲しているコーヒー愛好家も最近では増えているようですね。
食の安全に関する消費者の関心の高さは最近では特に高く、それが有機栽培シリーズの好調な販売成績につながっているようですね。
インスタントコーヒーからドリップコーヒー、オーガニックシロップ、有機栽培の紅茶まで。もちろんコーヒー豆もあります。
さすが有機農産物加工食品の製造業者の認定を取得してまでUCC有機栽培シリーズを発売しただけのことはありますね。
UCC有機栽培珈琲ダークロースト(粉)やUCC有機栽培珈琲シティロースト(粉)といったUCCの独自技術であるスーパーアロマ製法の商品の販売も絶好調のようです。
お歳暮・お中元シーズンになるとギフト用の詰め合わせが売れますが特にUCC有機栽培珈琲100%使用コーヒー(アイスコーヒー)1Lの無糖や低糖などはペットボトル入りなので夏のコーヒー飲料の定番商品となっています。
それから意外と知られていませんがUCCコーヒーアカデミーなるものをUCCは開設しています。美味しいコーヒーの提供だけではないんですね。日本で唯一のコーヒー博物館ツアーに参加費1,000円でいけたり海外研修旅行として名物講師と行くイタリア三都八日間の旅なんてものもあります。バリスタ気分を味わえること間違いなしですね。
カリキュラムもスペシャリストコースからプロフェッショナルコース、ベーシックコースとコーヒーについてしっかり学べるようになっていますしコーヒープロフェッショナル認定試験などもあります。
UCCの有機栽培シリーズもそうですがさすがにUCCほど大企業になる会社はコーヒーへの情熱も半端ではないですね。

タグ:有機栽培 UCC
posted by 有機栽培とは at 21:00 | UCC 有機栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有機栽培は安全か

有機栽培は本当に安全なのかという意見は実に昔から数多くある意見です。
ちなみに有機栽培の農産物の味については生産者の技術や気候、品種、鮮度の影響の方が大きいので有機JAS認証だからといっておいしいとは限りません。
それから有機栽培は体に良いものだからアレルギー反応とは無関係という認識も正確なものではありません。
といいますのも病害虫などのストレスを受けると農作物は生体防御物質つまり天然農薬を生成するのですが適正な農薬を使用した場合よりも残留農薬量が多かったりアレルゲン量が増加したという調査結果があるのです。ちなみに発がんリスクは天然農薬も人工農薬と同等です。
一般的に有機栽培の農作物が普通栽培に比べて値段が高いのは栄養価が高くておいしいししかも安全で体にいいからだとされていますがこれは科学的証明の裏づけなどはありません。
栄養価が高いのは確かだが有機栽培の農作物には発がん性が疑われている硝酸態窒素の含有量が多いという調査結果もあります。
食品の栄養・安全性において通常栽培農作物と有機栽培農作物の明確な差はないという主旨のフランス食品衛生安全機関の報告書も公開されています。
英国食品基準庁も有機的に飼育された牛乳の栄養価の違いはあるものの通常栽培農作物と比較して有機栽培農作物のほうが安全性と栄養価の点でまさっているという科学的証拠はないという主旨の見解を発表しています。

posted by 有機栽培とは at 21:00 | 有機栽培 安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有機栽培のコーヒー

有機栽培のコーヒー豆も一昔前なら想像できないくらい最近では種類も豊富に販売されていて消費者側にとってはうれしい限りです。
残留農薬が検出されたニュースが海外輸入品のコーヒー豆では実に多い事も有機栽培のコーヒー豆の人気が高まった理由でしょう。
有機栽培のコーヒー豆販売店は小分け業用の有機認定が必要で焙煎には製造業用の有機認定も必要となります。
有機JAS認証店には作業過程や責任者を明確にするための作業過程記録が必要事項となります。
誰が欠点豆を除去しつつ袋詰めを行い誰が焙煎しコーヒー豆を誰からいつ仕入れ誰が有機JASマークのシールを貼ったかといった実に細かな記録のことです。
それからコーヒー豆は焙煎すると劣化して味が落ちますから焙煎する前の生豆の状態で売る有機栽培のコーヒー豆販売店も非常に多いようです。
コーヒー豆は焙煎したてが一番おいしいので自宅で焙煎するようにしましょう。そうでないと有機栽培のコーヒー豆の購入価値が半減してしまいます。生豆の家庭での焙煎方法としては土鍋で焙煎する方法や電気焙煎機などでしょうか。
焙煎したコーヒー豆を購入した際は焙煎機の大きさやコーヒー豆の種類、焙煎技術にもよりますが一週間以内に完全に劣化する前に使い切りましょう。
豆ではなく粉の状態のものを購入した場合はさらに劣化のスピードは早いので冷蔵庫や冷凍庫での密閉保存は必須です。

posted by 有機栽培とは at 21:00 | 有機栽培 コーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(180分のセミナー映像付き)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。